top of page

算数:かけ算九九の歴史?



かけ算九九の歴史について考えている少年
かけ算九九の歴史について考えている少年

歴史なのに算数の話?みんなが小学生の時に勉強するかけ算九九。きっと歌のように声に出して覚えたと思います。そんなかけ算九九の歴史について。

 600年代後半〜700年代後半の時代に作られた日本最古の歌集の「万葉集」。学問を習った人たちは「かけ算」も習っているので、かけ算九九を言葉遊びとして使っています。そして、その言葉遊びを歌の中で使って読ませています。


例えば、「十六」と書いて「しし」と読ませたり、「二二」と書いて「シ」、「八十一」とかいて「クク」。


では、「三五」と書いてなんと読むでしょうか?

ちょっとひねりが必要です。ヒントは柿本人麻呂が実際によんだ歌「三五月の〜」


答えは、「もち」

3x5=15で15夜の月は餅のように丸い満月となるそうな。言葉巧み操るとはこういうことでしょうね。


まさに、謎解き!

次の飛鳥クエストに取り入れます!大切なのでもう一度。次の飛鳥クエストに取り入れます。


明日香村岡にある犬飼万葉記念館。カフェもあるので立ち寄ってはいかがでしょうか。

犬飼万葉記念館の入り口の写真
犬飼万葉記念館

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page